CLAIR(クレア)一般財団法人自治体国際化協会

サイト内検索

文字サイズの
変更

色の変更

自治体間交流

姉妹(友好)提携情報

姉妹自治体提携Q&A

Q7. どのような姉妹(友好)交流の活動が行われていますか?

 現在、姉妹自治体提携は1,500件を超え、800以上の自治体が提携を結んでいます。また、交流活動も多岐に渡り、一概に活動を述べることは難しい状況となっています。
 当協会の統計によると、全国の姉妹交流活動件数の約6割が教育交流と行政交流で占められています。教育交流は、ホームステイ活動や留学生の派遣・受入、作品の交換などの活動が多く、行政交流は概ね記念式典の開催や、訪問団、視察団の派遣・受入といった活動が行われています。
 しかし、近年の傾向として、経済や観光の分野での交流や植林の実施、医療器具や生活必需品などの支援物資を提供するなどの国際協力の分野でも交流が行われています。
 提携相手国数を国別に見ると、アメリカ合衆国がもっとも多く提携先の約3割を占め、ついで中国が約2割と、この2国との提携が全体の約半数となっております。
 なお、具体的な交流内容については、以下を参考にしてください。

姉妹自治体活動概況一覧【平成20年度(2008)】
姉妹交流活動の参考事例




戻る
 
このページに関するお問い合せ先
交流支援部交流親善課
Tel :  03-5213-1723
Fax :  03-5213-1742
Email : shimai@clair.or.jp
ページの先頭へ