CLAIR(クレア)一般財団法人自治体国際化協会

サイト内検索

文字サイズの
変更

色の変更

機関誌「自治体国際化フォーラム」

最新号のご案内

医療通訳事情(東京オリンピック・パラリンピックに向けて拡大するニーズ)

 近年、外国人入国者数・在留外国人数が増加し、入国者・在留者の国籍や在留資格が多岐にわたる中、医療機関等における外国人患者等の受入れ体制の充実が必要となっている。
 さらに、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会などの国際イベントを控え、今後も、外国人観光客数の増加が想定されることから、日本語が理解できない外国人患者に適正な医療を提供するための医療通訳等への関心が高まってきている。
 そこで、我が国の医療通訳の現状等について、国、地方自治体、NPO団体、民間企業における医療通訳に関する取り組み状況を紹介し、地域における医療通訳の在り方を検証する。

ページの先頭へ