CLAIR(クレア)一般財団法人自治体国際化協会

サイト内検索

文字サイズの
変更

色の変更

CLAIRメールマガジン

CLAIRメールマガジンバックナンバー

CLAIRメールマガジンvol.84<真夏の12月、訪日観光促進の手ごたえ ほか>(2014年1月28日)

___________________________________
■□■□
□■□     CLAIRメールマガジン vol.84(2013年1月28日)
■□     ~自治体の国際化に役立つ情報をお届けします~
□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ∽∽ コンテンツ ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ 
【クレアからのお知らせ】
 ◆ [参加募集] 「外国人の受入れと社会統合のための国際ワークショップ」
        ~若手外国人とともに歩む~次世代に向けた挑戦~
        を開催します 

【海外事務所レポート】
 ◆ [観  光] 真夏の12月、訪日観光促進の手ごたえ
        ~Japan Expo and Matsuri in Sydney 2013 を通じて~

 ◆ [行  政] 行政中心複合都市と世宗特別自治市の展望  
        ~2013年度第3回韓国駐在地方公務員等連絡協議会兼
         クレアソウルセミナー~

 ◆ [環  境] 今後も注目のメリーランド州におけるエネルギー対策
        ~省エネルギー・再生可能エネルギー普及への取り組み~

  ◆ [国際協力] 鈴鹿市発!
        移民・難民問題を考える国際会議 in PARIS

 ◆ [国際交流] オーストラリアの多文化主義政策を学ぶ
        ~多文化主義政策交流プログラム実施報告~
        
 ◆ [交  通] 航空産業を支える技術
        ~ ST Aerospace の活躍 ~

 ◆ [社  会] メリーランド州における防犯カメラの活用状況に学ぶ
        ~組織の枠を超えた共有システム~

 ◆ [社  会] 北京のアウトドア体験
 
【自治体国際化フォーラム情報】
 ◆ フォーラム2月号の特集は「イスラム市場を取り込め」です

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 ◆ [参加募集] 「外国人の受入れと社会統合のための国際ワークショップ」
        ~若手外国人とともに歩む~次世代に向けた挑戦~
        を開催します
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 今年の国際ワークショップは言葉の問題(日本語と母語)と国際協力、地域
 における外国人コミュニティの役割、日本企業の役割などのテーマを通じて
 外国にルーツを持つ若者の活躍のきっかけの創出や、彼らへの期待について
 議論・発表が予定されています。

 ○日 時:2014年2月21日(金) 13:30~17:00(開場12:30)
 ○会 場:めぐろパーシモンホール(東京都目黒区八雲1-1-1)
 ○主  催:外務省・国際移住機関(IOM)
 ○後 援:目黒区・財団法人自治体国際化協会(クレア)
 ○申 込:2014年2月14日(金)まで下記のリンクからアクセスし、お申し
      込みください。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.iomjapan.org/event/workshop_Feb2014.cfm
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【海外事務所レポート】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ [観  光] 真夏の12月、訪日観光促進の手ごたえ
        ~Japan Expo and Matsuri in Sydney 2013 を通じて~   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
 オーストラリア最大級の訪日観光促進イベント「Japan Expo and Matsuri 
  in Sydney 2013」。今回の来場者は前年より5000人多い、約2万人の来場者
 がありました。
 日本への関心が高まるオーストラリアでは、2013年1月から11月までの訪日
 外客数も前年比で約18%伸びています。今後も訪日旅行が期待されるオース
 トラリア人旅行者の特徴とともに、当イベントの様子をレポートします。 

 詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201401_2/1-1.pdf


 ◆ [観  光] 行政中心複合都市と世宗特別自治市の展望  
        ~2013年度第3回韓国駐在地方公務員等連絡協議会兼
         クレアソウルセミナー~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
 韓国で活躍する日本の地方公務員は43名(2013年12月10日現在)。
 クレアソウル事務所では、日本と韓国との様々な分野の交流等を推進すると
 ともに韓国駐在地方公務員相互の連携強化や駐在活動の円滑化を図っていま
 す。
 2013年度第3回目のクレアソウルセミナーでは、韓国の中央政府機関の移転
 を中心に注目を集めているあの行政中心複合都市や世宗特別自治市を訪問視
 察してきました!
 政府機関の移転現場は!? 世宗特別自治市の今後は!?

 詳しくは、こちらをご覧ください
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201401_2/2-1.pdf


 ◆ [環  境] 今後も注目のメリーランド州におけるエネルギー対策
        ~省エネルギー・再生可能エネルギー普及への取り組み~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
 エネルギー対策に積極的に取り組むアメリカ・メリーランド州。
 一人当たりの電力使用量を2015年までに2007年比で15%削減、再生可能エネ
 ルギーの比率を2022年までに20%に向上するなど高い目標を掲げて、さまざ
 まなことを行っています。
 目標を達成すべく、進められている取り組みとは・・・

 詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201401_2/3-1.pdf


 ◆ [国際協力] 鈴鹿市発!
        移民・難民問題を考える国際会議 in PARIS
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
 鈴鹿市が、移民・難民問題を考える国際会議を、在仏日本国大使館にて開催
 しました。
 当会議には、スウェーデン王国移民庁ほか関係団体も多数参加し、外国人定
 住をテーマに事例紹介やディスカッションが行われました。 
 今回は各団体から紹介のあった取り組みや実情のほか、抱える課題について
 紹介します。
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201401_2/4-1.pdf


 ◆ [国際交流] オーストラリアの多文化主義政策を学ぶ
        ~多文化主義政策交流プログラム実施報告~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
 総人口の25%が海外生まれ、また、18%が家庭では英語以外の言語を使用す
 るという国、オーストラリア。
 先進的な多文化主義政策が実施されるこの国で、今回「多文化主義政策プロ
 グラム」が実施されました。日本の各団体が参加し、移民が集住する自治体
 や関係団体へ訪問しましたので、その様子をレポートします。
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201401_2/5-1.pdf


 ◆ [交  通] 航空産業を支える技術
        ~ ST Aerospace の活躍 ~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
 東南アジアのハブ機能を有するシンガポール。その発展には、航空産業の存
 在が欠かせません。
 今回は、シンガポールを拠点に、国内や世界の主要国で航空機のメンテナン
 スサービス等を行っている企業を視察しましたので、内容を報告します。 
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201401_2/6-1.pdf


 ◆ [社  会] メリーランド州における防犯カメラの活用状況に学ぶ
        ~組織の枠を超えた共有システム~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
 日本ではプライバシー保護等で問題を抱える防犯カメラですが、アメリカ・
 メリーランド州では防犯カメラを多数設置し、その映像を組織の枠を超えて
 共有できるシステムが構築されています。
 2020年にオリンピック開催を控える日本にとっても、参考となりそうな事例
 といえます。
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201401_2/7-1.pdf


 ◆ [社  会] 北京のアウトドア体験
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
 中国の若者の間では、旅行会社を通さない「自助型旅行」が近年流行してい
 ます。SNS(交流サイト)で同行者を募集し、発起人がバスやホテル手配、案
 内を行います。 
 今回は事務所職員が日帰りで、北京の登山愛好家に人気があるという「燕羽
 山」への登山活動に参加しましたので、その様子をご報告します。
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201401_2/8-1.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【自治体国際化フォーラム情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ フォーラム2月号の特集は「イスラム市場を取り込め」です
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 現在、イスラム教徒(ムスリム)人口は16億人を超え、世界全人口の4分の1
 を占めると言われています。特に、世界最大のムスリム人口を抱えるインド
 ネシア、イスラム教を国教とするマレーシアを始めとする東南アジア諸国で
 は、経済成長が著しいことから、未開発市場としてイスラム市場に注目が集
 まっています。
 今回は、東南アジアにおけるイスラム市場や、イスラム圏からの観光客誘致、
 日本食品の販路開拓事情などについて、有識者からの見解・提言を紹介しま
 す。

 フォーラムのバックナンバーはこちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/forum/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集・発行】財団法人自治体国際化協会(企画調査課)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル7F
 TEL:03-5213-1722 FAX:03-5213-1741 HP:http://www.clair.or.jp/
 このメールマガジンに関するお問い合わせ等は [ kikaku@clair.or.jp ] で
 受け付けています。
  ・登録や解除、バックナンバーをご希望の方は、CLAIRホームページから
      お願いします。 http://www.clair.or.jp/j/mailmagazine/
  ・その他のご意見やご感想などもお気軽にお寄せ下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2010 Council of Local Authorities for International Relations.
All Rights Reserved. 
許可なく転載することを禁じます。
このページに関するお問い合せ先

総務部企画調査課
電話:03-5213-1722 Fax:03-5213-1741
Email:kikaku@clair.or.jp

ページの先頭へ