CLAIR(クレア)一般財団法人自治体国際化協会

サイト内検索

文字サイズの
変更

色の変更

CLAIRメールマガジン

CLAIRメールマガジンバックナンバー

CLAIRメールマガジン vol.96(2014年6月27日)

___________________________________
■□■□
□■□     CLAIRメールマガジン vol.96(2014年6月27日)
■□     ~自治体の国際化に役立つ情報をお届けします~
□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ∽∽ コンテンツ ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ 
【クレアからのお知らせ】
 ◆ クレア事例報告会(7/11(金)@東京)の参加者を募集します

 ◆ シンガポール政策研修プログラム(8/26(火)~8/29(金)@シンガポール)
  の参加者を募集します

  ◆ 「日韓交流おまつり2014 in Seoul」(9/14(日)@韓国)へのブース出展者
  を募集します

【海外事務所レポート】
 ◆ [観  光] 中国国営放送局と連携した、現地SNSによる日本の観光情報
        の発信!

 ◆ [産  業] 世界最大の国際産業技術見本市「ハノーバー・メッセ」を視
              察しました!(ドイツ)
        
 ◆ [政  治] 中国が目指す「新型都市化」とは?
        
 ◆ [環  境] 北京に青空を!~大気汚染問題とその対策~


【自治体国際化フォーラム情報】
 ◆ フォーラム7月号の特集は、「JETプログラム経験者の母国での活躍 国際
    交流員(CIR)のより効果的な活用」です

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【クレアからのお知らせ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ クレア事例報告会(7/11(金)@東京)の参加者を募集します
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
 クレアでは、地域の国際化のため、様々な助成事業を行っております。
  今回の事例報告会では、H25年度に実施した事業の中で参考にしていただける
  事例について、実施団体の担当者が発表します。
  参加を希望される場合は、参加者の所属・職名・氏名・電話番号・E-mailを、
  ファックス、電話またはE-mailにて、7月9日(水)までに、経済交流課高田
 (TEL:03-5213-1726 FAX:03-5213-1742 Email:h-takada@clair.or.jp)へお知
  らせください。
  
  日時 2014年7月11日(金)13:30~16:00
  場所 日本財団ビル 大会議室A (東京都港区赤坂1-2-2)

  開催概要は、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201406_3/1.pdf


 ◆ シンガポール政策研修プログラム(8/26(火)~8/29(金)@シンガポール)
  の参加者を募集します
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
 クレアシンガポール事務所では、シンガポールにおいて、「観光インフラ整
 備戦略」と「自治体の訪日誘客・海外販路開拓」の2つのテーマで、地方自
 治体職員等を対象に、政策研修を行います。1日だけの参加も可能ですので、
 参加を希望される場合は、参加申込書にてお申し込み下さい! 
  
  日  程 2014年8月26日(火)~8月29日(金)   
  申込期限 2014年7月25日(金)
   ※応募者多数の場合は、先着順等により選考します。

  開催概要と参加申込書は、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201406_3/2.pdf


 ◆ 「日韓交流おまつり2014 in Seoul」(9/14(日)@韓国)へのブース出展者
  を募集します
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  日韓両国のさらなる友好増進を目指すため、日韓の草の根交流の代表的なイ
 ベントである「日韓交流おまつり2014 in Seoul」が今年もソウルで開催され
 ることとなりました。
 貴団体のPRの場として、「日韓交流おまつり2014 in Seoul」を活用しませ
 んか?
 
  日  程 2014年9月14日(日) 10:00~19:00 (予定)
  申込締切 2014年7月28日(月)
  
  ブース出展の詳細は、こちらをご覧下さい。
  http://omatsuri.kr/japan/sponsor/s2.asp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【海外事務所レポート】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ [観  光] 中国国営放送局と連携した、現地SNSによる日本の観光情報
        の発信!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  クレア北京事務所では、2014年度から、中国国営三大放送局の一つであるCR
 I(中国国際放送局)と連携し、現地のSNSであるウェイボー(微博)・ウェイシ
 ン(微信)を使って、日本の地方都市の観光情報を中国語で発信する新たな取
 り組みを始めました。
 中国メディアと日本の自治体のニーズが合って、この取り組みが実現しまし
 たが、今後どのように、より効果的なPR活動を広げていくのか注目です。

  詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201406_3/3.pdf


 ◆ [産  業] 世界最大の国際産業技術見本市「ハノーバー・メッセ」を視
         察しました!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
 「ハノーバー・メッセ」は、ドイツのハノーバーで毎年4月上旬に開催される、
 産業技術分野における世界最大の見本市で、今年は、世界中から約5,000社が
 出展し、業界の専門家やトップバイヤーなど、来場者は、約100ヶ国から約18
 万人にのぼりました!
 今回、日系企業は約30社出展しましたが、高い技術を持つ日本の中小企業が
 海外展開を考える上で、この見本市が持つ可能性とは、一体どのようなもの
 でしょうか?
 ロンドン事務所からの報告です。
 

  詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201406_3/4.pdf


 ◆ [政  治] 中国が目指す「新型都市化」とは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
 急速な経済成長が続いている中国は、都市への人口集中等による課題も抱え
 ています。
 今後も更なる成長を牽引していくために、中国政府は、従来推進してきた都
 市化とは異なる新たな都市化を掲げています。それは今までとどのように異
 なるのでしょうか?そして、その新たな都市化を進める上で、今後どのよう
 に課題をクリアしていくのでしょうか?
 北京事務所からの報告です。

 
  詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201406_3/5.pdf
  

 ◆ [環    境] 北京に青空を!~大気汚染問題とその対策~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
 北京市におけるPM2.5による大気汚染。これは中国だけの問題ではなく、海
 を越えた日本にも影響を及ぼしています。
 中国は、現在大気汚染問題について、抜本的な対策を進めています。
 環境問題への対応については、法整備、エネルギー政策の転換を始め、前述
 の「新型都市化」に係る政策にも織り込まれていくことと思います。
 日本と中国の自治体間においても、人的交流や技術提供を惜しまず、協力し
 ていきたいですね。
 

  詳しくは、こちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/c_mailmagazine/201406_3/6.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【自治体国際化フォーラム情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ フォーラム7月号の特集は、「JETプログラム経験者の母国での活躍 国際
  交流員(CIR)のより効果的な活用」です
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今年度で28年目を迎えたJETプログラム。
 世界各国から招致された外国人が、自治体職員として、外国語教育や国際交
 流等に従事することにより、地域の国際化を推進する事業です。クレアが総
 務省、外務省、文部科学省と連携して推進しています。
 そのJETプログラムを終了した人たちは、その後どのような場で活躍してい
 るのでしょうか?
 また、JETプログラムの3つの職種のうち、CIR(国際交流員)に焦点をあて、
 彼らの活動や、CIR、クレア、任用団体との意見交換会の様子をお伝えしま
 す。 

  フォーラムのバックナンバーはこちらをご覧ください。
  http://www.clair.or.jp/j/forum/forum/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 じめじめとした梅雨が続いています。
 雨の日の通勤電車は、湿気でくもった窓、混雑した車内、気分までじめじめ
 してしまいがちで辛いですよね。
 さて、官公庁ではスーパークールビズが始まりました。「スーパー」という
 ことで、ノーネクタイ、ノージャケットだけでなく、アロハシャツ、スニー
 カーまでOKらしいですが、どれくらい浸透しているのでしょうか?
 また、私がこの夏に取り組みたいと思っているのは、涼しい場所をみんなで
 シェアする「クールシェア」。一人家でクーラーの部屋にいるのではなく、
 図書館やカフェなど身近で涼しい場所に行って、みんなと涼しさを共有しな
 がら自分の時間を過ごす。それの方が、だらけることなく作業が捗る気もし
 たり・・・。
 みなさんもこの夏に何か一つ、楽しくできて環境に優しいこと始めませんか?
 (A.M)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集・発行】一般財団法人自治体国際化協会(企画調査課)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル7F
 TEL: 03-5213-1722 FAX: 03-5213-1741 HP: http://www.clair.or.jp/
 このメールマガジンの登録や解除、お問い合わせ等については、 
  [ kikaku@clair.or.jp ] で受け付けています。
  ・バックナンバーをご希望の方は、CLAIRホームページからお願いします。
    http://www.clair.or.jp/j/mailmagazine/
  ・その他のご意見やご感想なども、お気軽にお寄せ下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2010 Council of Local Authorities for International Relations.
All Rights Reserved. 
許可なく転載することを禁じます。
このページに関するお問い合せ先

総務部企画調査課
電話:03-5213-1722 Fax:03-5213-1741
Email:kikaku@clair.or.jp

ページの先頭へ