ともに学ぶ

多くの人にとって、中学校を卒業する時に、初めて自分自身の進路について考えることになります。高校へ進学するか、社会に出るか、それとも何か専門的な分野に進むことをを選ぶ人もいます。その時、最も大切なことは、自分が進みたいと思う道を選べる、またはその選択肢があることではないでしょうか。
しかしながら、外国人の生徒が、自らの進路を選ぶにあたっては、いくつかの壁が存在しています。日本語力の問題、文化的背景の違い、親の理解不足による問題など、様々な点において、日本人の生徒とは異なる状況にある場合があります。そしてそのことが、結果として彼らのその後の人生に大きな影響を与えてしまっている現実があります。

学校で学ぶ生徒、今後ますます増えていくことが予想される留学生、そして日本で生活をしていくために、日本語や日本の文化を学ぶ外国人と、さまざまな立場の人が、それぞれの理由で学んでいますが、今彼らがどんな課題に直面していて、その原因はどこにあるのかを知ることが、“ともに学ぶ”社会の第一歩です。

高校・大学に入学する
日本では、義務教育後の教育が、就職やその後の進路に大きく影響しているのが現状です。しかし、在住外国人生徒にとっては、高校や大学などへ進学するにあたって、様々な壁があるのが現状です。日本語が母語ではない、外国にルーツを持つ生徒にとっては、受験勉強をはじめ、入学後の新しい環境での生活や人との関わりなど、思いもよらぬ戸惑いを招きかねません。さらに言えば、日本の高校の受験資格を、当然に与えられているわけでもありません。
ここでは、外国人めぐる高校や大学への進学の現状、彼らが直面する課題、そしてその支援の取り組みなどについて紹介します。
日本で学ぶ外国人 (留学生/日本語教育)

日本で学ぶ留学生たちは、地域の専門学校、大学、そして地域社会そのものに活力になりうる存在です。また、日本での生活を通じて、日本のファンとなってもらうことで、それぞれの母国と日本との友好関係を築き上げるための、大事な草の根レベル国際交流ともなるでしょう。留学生が地域社会と交流でき、充実した生活を送るための環境整備や活躍の場の提供などは、大切な取り組みです。
一方、日本で働く、または住み続けることを前提として、生活のための日本語を学ぶ外国人もいます。周りの日本人とコミュニケーションが取れれば、自分の抱える問題の解決にもつながり、自立して地域社会に参画出来るようことにもつながります。

こうしたことから、地域において日本語学習の機会を提供することは、外国人のより充実した生活につながるだけではなく、地域社会にとっても外国人との交流が生まれます。ここでは、日本で学ぶ留学生や、日本語教室に通う外国人を取り巻く現状を紹介します。