CLAIR(クレア)一般財団法人自治体国際化協会

サイト内検索

文字サイズの
変更

色の変更

海外事務所フラッシュ

2020年3月25日配信

【クレア海外事務所フラッシュ】◎NZのオークランドジャパンデイに初出展!=シドニー事務所

◇NZのオークランドジャパンデイに初出展!=シドニー事務所

 毎年数万⼈の来場者でにぎわうニュージーランド(NZ)最⼤規模の⽇本祭りであるオークランドジャパンデイが、2⽉9⽇に開催された。クレアシドニー事務所は本イベントに初出展し、⽇本各地の観光情報のPRや、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技⼤会とワールドマスターズゲームズ2021関⻄、さらには2021年に主に福岡市で開催されるFINA世界⽔泳2021福岡⼤会およびFINA世界マスターズ⽔泳2021九州⼤会のPRを⾏った。(シドニー事務所)

06_SYD-125.JPG
写真:来訪者にPRするクレアシドニー
事務所職員(左)
06_SYD-125_HPonly.JPG
写真:来訪者にPRするクレアシドニー
事務所職員(左)

◇歴史を切り⼝に⼤学で神⼾の魅⼒を講演=⽶

 3⽉3⽇、ニュージャージー州のウィリアムパターソン⼤学で、神⼾市から派遣されているクレアニューヨーク事務所職員が「Kobe Through History」と題し、同⼤学の学⽣を対象に講演を⾏った。講演では、神⼾港開港の経緯に触れ、開港後どのように神⼾独⾃の⽂化を醸成し、国際都市神⼾として発展を遂げてきたのかを紹介したほか、神⼾が誇る神⼾⽜、⽇本酒、有⾺温泉などについて、それぞれの歴史とともに紹介した。学⽣は、神⼾に関することのみならず、関東と関⻄の⽅⾔の違いや、アメリカと神⼾のつながりなどについて強い興味を抱いているようだった。(ニューヨーク事務所)

01_NYC-125.jpg
写真:講演後は学⽣から幅広い質問が
上がった

◇海外⾃治体幹部交流協⼒セミナーの報告会開催=英

 3⽉6⽇、Japan House Londonで海外⾃治体幹部交流協⼒セミナーの報告会を開催した。同セミナーは、⽇英両国の⾃治体間の相互理解を深めるため、英国⾃治体幹部職員らを⽇本に招聘(しょうへい)するもので、今年1⽉に英国から8⼈の参加者が三重県津市などを訪問し、バイオマスや⾵⼒発電施設、リサイクル施設などを視察した。報告会では、歴代のセミナー参加者や今後参加を希望する⾃治体関係者約50⼈が出席し、国が違っても直⾯している課題は同じであるなど、セミナーを通して学んだ知⾒を共有した。(ロンドン事務所)

02_LON-125.JPG
写真:2019年度参加者によるパネルディスカッション

◇アジア最⼤の航空宇宙産業の展⽰会「シンガポール・エアショー2020」

 2⽉11⽇から16⽇まで「シンガポール・エアショー2020」が開催され、クレアシンガポール事務所は愛知県ブースの⽀援を⾏った。今年は新型肺炎の影響で、出展者のキャンセルも相次いだが、愛知県ブースでは、海外販路拡⼤を⽬指す愛知県企業と海外企業との商談が積極的に⾏われた。会場には、ボーイングやエアバスなど⼤⼿航空機会社をはじめ930社が出展し、⺠間機から軍⽤機まで多様な展⽰が⾒られた。シンガポールをアジアの⽣産拠点としているロール・ロイスの世界最⼤のファンブレ―ド展⽰も注⽬を集めていた。(シンガポール事務所)

04_SIN-125.png
写真:愛知県ブースにおける商談の様⼦

◇新型コロナウイルスから労働者の安全を守る「撤退権」仏ルーブル美術館休館

 3⽉13⽇から無期限の休館となった世界最多の⼊場者数を誇るルーブル美術館だが、直前の3⽉1⽇から2⽇にかけても、臨時休館していた。新型コロナウイルスの感染を恐れた職員らが、労働法で認められている「撤退権(droit de retrait)」を⾏使し、就業を拒否したためだ。撤退権とは、職務において⽣命や健康に危険があると職員が判断した場合、その就業の拒否や職場を放棄できる権利である。撤退権は、フランスでは労働者の安全を守る権利として広く認められているが、その後政府は、新型コロナウイルスに対する同権の⾏使に対し、雇⽤者が政府の推奨事項を実施していない場合に限る等の条件を設けている。撤退権の⾏使による臨時休館は観光客らに⼤きな影響を与えたが、同館は、2⽇に開催された安全衛⽣労働条件委員会(CHSCT)との協議の結果、全ての職員にアルコール消毒剤を配布する等の対応策を講じたとし、3⽇の通常休館⽇を経て、4⽇から再開していた。詳しくはこちら。(パリ事務所)

03_PAR-125.jpg
写真:新型コロナウイルスから労働者を
防護する透明板を緊急設置
=仏パリ市内のスーパー

バックナンバーはこちら

このページに関するお問い合せ先

総務部企画調査課
電話:03-5213-1722 Fax:03-5213-1741
Email:kikaku@clair.or.jp

ページの先頭へ