CLAIR(クレア)一般財団法人自治体国際化協会

サイト内検索

文字サイズの
変更

色の変更

機関誌「自治体国際化フォーラム」

地域が国際化を推進する上で有益となる情報について、自治体をはじめ関係者に広く紹介するため、発行している機関誌です。毎月6,000部を発行し、自治体の他、関係省庁、大使館、地域国際化協会、図書館等に配布しています。

【掲載している主な内容】
○ 国際情勢に関するタイムリーな話題(毎月の特集記事)
○ 国際化を視点とする有識者・専門家によるエッセー
○ 地域国際化に関する当協会の活動状況及び全国自治体の先進的事例の紹介
○ JETプログラム参加者(経験者)の活動状況  等

最新号のご案内

01_hyoushi.jpg 日本で就労する外国人との共生に向けて
2019 年4 月の「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」の施行により在留資格「特定技能」が新設されました。2018 年10 月現在約146 万人存在する外国人労働者数は今後さらに増加すると見込まれており、地域においても就労する外国人やその家族の増加にいかに対処していくかが課題となっています。
そこで、共生のために必要な視点についての有識者からの見解をはじめ、在留資格制度や外国人雇用施策、外国人の増加を地域の活性化に活かす自治体や住民の半数以上が外国人となっている団地における取り組み、さらには現在ご活躍されている、両親とともに来日した日系三世の方の経験談・ご意見などを紹介します。
ページの先頭へ