CLAIR(クレア)一般財団法人自治体国際化協会

サイト内検索

文字サイズの
変更

色の変更

機関誌「自治体国際化フォーラム」

最新号のご案内

ホストタウン

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興などに資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を「ホストタウン」として全国各地に広げる取り組みが進められています。
地域住民と大会参加国などとの交流計画を策定した自治体は、一定の手続きを経て、「ホストタウン」として登録を受けることができ、平成30年6月末現在で、250件が「ホストタウン」として登録されています。2020年東京大会の開催まで約2年となった現在のホストタウンの現状と先進的な取り組みを紹介します。

ページの先頭へ