CLAIR(クレア)一般財団法人自治体国際化協会

サイト内検索

文字サイズの
変更

色の変更

多文化共生

多文化共生関係資料

多文化共生事業事例集(CLAIR助成事業)

多文化共生事業事例集 最新事例

最新事例(H29実施事業)を掲載しています。

No. 実施
年度
事業実施団体名
事業名
事業のポイント 画像
<意識啓発・地域づくり>
1 28
29
NEW!
公益財団法人 宮城県国際化協会
技能実習生との共生の地域づくり推進事業

技能実習生をテーマに市町村職員や一般市民を対象にセミナー等を開催した他、技能実習生と地域住民との交流の場を県内各地で設定し、技能実習生が地域住民として受け入れられるための環境づくりを行った。

≪クレア選定ポイント≫
技能実習生が増加の一途を辿る一方、地域で孤立する状況となっており、地域との結びつきを深めるための先駆的な取り組みを実施。

1宮城県協会.jpg

<医療・福祉>
1 29
NEW!
公益財団法人 静岡県国際交流協会
外国人患者のための映像マニュアル作成・外国人女性のための生活セミナーの開催
外国人と医療従事者の意見交換を実施し、外国人患者のための映像マニュアルを作成した。また、「育児」、「介護」をテーマとしたセミナーを実施し、外国人女性が抱える不安の軽減や仕組みの理解につなげた。

≪クレア選定ポイント≫
外国人と医療従事者との意見交換会を実施し、相互理解を深めた他、外国人患者向けの実用性の高い映像マニュアルを作成した。
2静岡県協会.jpg
2 29
NEW!
公益財団法人 愛知県国際交流協会
外国人住民の社会福祉を考える~地域をあげて取り組む外国人住民支援のためのマニュアルづくり~

外国人住民がより充実した社会福祉サービスを受けることができるようにするため、外国人特有の問題やその背景となる各国事情などを含めた相談対応マニュアルを作成した。

≪クレア選定ポイント≫
市町村の福祉相談窓口や社会福祉関連の専門機関、外国人相談窓口等での相談対応に関するアンケート調査を踏まえ実用性の高い相談対応マニュアルを作成した。

3愛知県協会.png
<災害対策>
1 29
NEW!
一般財団法人 熊本市国際交流振興事業団
災害メール配信と減災のための在住外国人居住データベース構築及び活用事業
熊本市より提供される在住外国人居住情報を基に、災害時に迅速かつ的確な情報発信が可能なメール配信システムと、平時には個別相談履歴や日本語学習履歴等個人情報を管理できる外国人データベースを構築した。

≪クレア選定ポイント≫
災害メール配信システム及び在住外国人居住データベースを構築し、災害時の外国人に対する迅速な情報提供や安否確認が出来る仕組みをつくった。
4熊本市協会.jpg
<子ども・教育>
1 29
NEW!
船橋市
外国にルーツを持つ子どもへの教育支援と地域のあり方
母語協力員への研修を実施した他、警察署や日本語学校、自治会連合協議会などを構成機関とした地域会議を開催することで、外国人住民支援について考える場を持った。

≪クレア選定ポイント≫
警察、消防、商工会議所など多数の関係機関と連携した地域会議を設置し、各機関で抱える課題等について情報共有し、必要な対応について検討することで関係機関の連携を強化した。
5船橋市.jpg
2 28
29
NEW!
静岡県
外国人の子ども育成支援事業~支援人材育成、指導方法のモデル掲示、支援関係者のネットワーク構築~
支援人材の育成に加え、当人材を活用した計画的かつ体系的な支援教室を実施し、成果等を市町に紹介することで、市町の支援体制充実促進を図った。

≪クレア選定ポイント≫
モデル支援教室では、各外国人児童の能力に応じた指導計画による計画的かつ体系的な支援を実施し、児童の学習意欲の向上に貢献した。
6静岡県.jpg
3 28
29
NEW!
公益財団法人 京都府国際センター
外国につながりをもつ子ども・保護者支援事業~学齢超過者の高校進学支援~
母語支援員拝見事業及び居場所づくり支援事業を実施し、外国籍の学齢超過者の中学校への受入れと高校進学のための支援を行った。

≪クレア選定ポイント≫
日本語学校等がない外国人散在地域において、外国籍の学齢超過者に対する支援を地域の支援者、学校、教育委員会と連携して実施し、日本教育への適応を行った。
7京都府センター.jpg
<推進体制の整備>
1 29
NEW!
広島県
市町連携による行政情報の多言語化発信事業
県や市町の行政情報・生活関連情報、各種手続き等を多言語で一元的に受発信するサイト「Live in Hiroshima」を新たに開設した。

≪クレア選定ポイント≫
県内市町の多言語情報を集約したサイトを開設し、情報の一元化を図った。また、サイトの閲覧履歴等を分析出来る機能を設定することで、今後の運用改善に役立てる仕組みをつくった。
8広島県.jpg
2 28
29
NEW!
公益財団法人 鳥取県国際交流財団
多文化共生ネットワーク推進事業
外国出身者を委員とする「多文化共生ネットワーク会議」を県内3地域で組織し、ニーズに沿った協働事業を企画した。また、行政機関関係者とネットワーク会議委員の代表とで「多文化共生ネットワーク推進会議」を開催し意見交換を実施した。

≪クレア選定ポイント≫
在住外国人を主たるメンバーとする多文化共生ネットワーク会議と国、県、市を構成員とする多文化共生ネットワーク会議を設置し、多文化共生に向けて必要な対応を議論する体制を整備した。
9鳥取県国際交流財団.jpg
<居住>
1 29
NEW!
公益財団法人 岐阜県国際交流センター
外国人の子ども・保護者向け生活設計支援事業
定住化傾向のブラジル、フィリピンの保護者を対象に教育費用等日本での生活に必要なお金や貯蓄をテーマに講座を実施した。また、講座内容をまとめた保護者向けライフプランガイドブックを作成した。

≪クレア選定ポイント≫
外国人の保護者向けライフプラン講座や外国人の子ども向け働き方講座等を開催し、生活設計という先駆的な視点から外国人住民に有用な情報提供を行った。
10岐阜県国際交流センター.jpg
このページに関するお問い合せ先
多文化共生部多文化共生課
Tel :  03-5213-1725
Fax :  03-5213-1742
Email : tabunka@clair.or.jp
ページの先頭へ