CLAIR(クレア)一般財団法人自治体国際化協会

サイト内検索

文字サイズの
変更

色の変更

多文化共生

多文化共生関係資料

災害時の外国人支援関連

災害時の外国人支援に係る地域国際化協会間の広域的な相互支援体制の枠組み

災害発生時の地域国際化協会の相互支援体制としては、まずは全国に6ブロックある地域国際化協会連絡協議会の地域ブロック内で相互支援する「地域ブロック内の協定」がブロック構成協会間で締結されているほか、他の地域ブロックが支援する「ブロック間の全体協定」が全国6ブロック間で締結されています。全国の地域国際化協会連絡協議会の事務局を務めるクレアでは、広域的な相互支援に係る協会間、ブロック間の連絡調整等を行っています。

地域国際化協会と出入国在留管理局による「大規模災害時における外国人支援のための連携協定」等

<(公財)沖縄県国際交流・人材育成財団の取り組み>
災害時における外国人支援を効率的、効果的に行うことを目的に、地域国際化協会と出入国在留管理局との間で締結された連携協定の事例を紹介しています。また、クレアが作成し、避難所での外国人の支援や安否確認に活用可能な多言語避難者登録カードと同様の情報が、スマートフォン等の端末で多言語で入力できる「多言語オンライン避難者登録フォーム」について紹介します。


災害時に外国人支援に従事する関係者向けの研修・訓練事業(令和元年度新規事業・全国6ブロック)

災害時には外国人支援者同士の連携や広域支援が必要となることから、平時からの関係者同士の顔の見える関係づくり、ネットワーク構築を目的としたクレア主催の研修・訓練を、クレア登録アドバイザーの助言を得ながら、地域国際化協会連絡協議会の協力のもと全国6ブロックで順次実施しています。
具体的には、各ブロック管内の地域国際化協会、都道府県・政令指定都市の多文化共生担当課及び危機管理担当課をはじめ、平成30年度から総務省で養成が始まった「災害時外国人支援情報コーディネーター」の養成研修修了者の方々にご参加いただき、地域の特性や課題に合わせて実施していますが、その研修・訓練の概要について紹介します。
(※関東地域国際化協会連絡協議会の研修は、台風第19号の影響により中止しました。)


災害時における外国人支援対応状況等

被災団体の関係者を集って外国人支援に係る対応状況の振り返り会を行いました。課題や今後の取組の方向性等について、アドバイザーの助言を得ながら行われた意見交換の概要について紹介しています。


<参考情報リンク>

  • 株式会社サーベイリサーチセンター自主調査レポート

以下の災害時において訪日旅行者が「どのような行動をとったか」「避難時に困ったことは何か」等について自主調査された結果の概要資料です。

 大阪府北部地震における訪日外国人旅行者の避難行動に関する調査
 北海道胆振東部地震における訪日外国人旅行者の避難行動に関する調査

市区レベルで実施された通常時における訓練等

1 災害時多言語支援センター設置・運営訓練の取組と災害時多言語支援ツールの活用に向けた取組を紹介しています。

2 訪日旅行者支援の取組を紹介しています。

東日本大震災支援活動記録

東日本大震災における外国人住民への災害支援情報を掲載しているほか、今後大規模災害が発生した際には、災害支援に関連する多言語情報を収集・整理し、分かりやすく情報提供を行っていきます。 また、各地域における外国人住民を対象とした支援活動や防災活動の事例、また在住外国人による支援活動についても掲載しています。


災害時に使えるクレアのツール等

その他参考

地方公共団体における災害時の円滑な外国人対応に向けた関係者間の連携、人材育成、多言語情報提供のあり方、日常的な取組の重要性など具体的な取組について提言が行われています。

このページに関するお問い合せ先
多文化共生部多文化共生課
Tel :  03-5213-1725
Fax :  03-5213-1742
Email : tabunka@clair.or.jp
ページの先頭へ